「イコン 新装版」今野敏著

公開日:  更新日:

 警視庁生活安全部少年課の宇津木は、少年の行動調査のためアイドル・有森恵美のライブに潜入する。恵美はパソコン通信を通じて熱狂的なファンを持つが、その正体は誰も知らないという。前座の演奏が終わり、恵美の不参加が告知されると、興奮した観客が乱闘を始める。騒ぎの中、少年がナイフで刺され死ぬ。宇津木は全員を足止め、駆け付けた神南署の安積らによって捜査が始まる。刺されたのは高2の古橋と判明。安積は古橋の友人の阿部と相川から話を聞く。翌日、古橋の通夜の席で安積は阿部と相川が現れた少女の姿を見て動揺するのを見逃さない。しかし、なぜ彼らが由里子というその少女に動揺したのか分からない。

 神南署安積班が活躍する人気警察小説シリーズ。(講談社 850円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

もっと見る