「イコン 新装版」今野敏著

公開日: 更新日:

 警視庁生活安全部少年課の宇津木は、少年の行動調査のためアイドル・有森恵美のライブに潜入する。恵美はパソコン通信を通じて熱狂的なファンを持つが、その正体は誰も知らないという。前座の演奏が終わり、恵美の不参加が告知されると、興奮した観客が乱闘を始める。騒ぎの中、少年がナイフで刺され死ぬ。宇津木は全員を足止め、駆け付けた神南署の安積らによって捜査が始まる。刺されたのは高2の古橋と判明。安積は古橋の友人の阿部と相川から話を聞く。翌日、古橋の通夜の席で安積は阿部と相川が現れた少女の姿を見て動揺するのを見逃さない。しかし、なぜ彼らが由里子というその少女に動揺したのか分からない。

 神南署安積班が活躍する人気警察小説シリーズ。(講談社 850円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  2. 2

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る