ISを生む社会的背景は日本も例外ではない

公開日: 更新日:

「『イスラム国』最終戦争」国枝昌樹著

 シリア情勢の変化とともに次第に追い詰められているといわれるIS(イスラム国)。しかし安心はできない――。

 パリの雑誌社が襲撃された「シャルリー・エブド」事件からそろそろ2年。その後、パリ同時多発テロ事件まで、フランスはISを含むイスラム系テロリストの最大の標的になってきた。エジプト、イラク、シリアなどに長く駐在した元外交官の著者は、人権思想の定着しているはずのフランスの「自由・平等・博愛」が、建前に過ぎなくなっている実態を指摘する。

 異人種は「よほどの才覚がなければ弱者のまま」、しだいに不満が鬱積し、軽犯罪を常習する「プチ悪」になる。それがイスラム国のプロパガンダに引っかかって「ローンウルフ」と呼ばれる悪性の隠(はぐ)れテロリストになるのだ。

 他方、伝統的に警察権力の強いフランスは、いっそう「警察国家化」が進みつつある。それゆえ過激派の動きは表面的には沈静化するだろうが、本質は変わらず、たとえイスラム国が殲滅(せんめつ)されてもテロに走る若者たちの存在はなくならないとみる。「イスラム国」は決して別の世界ではない。「西側先進国の中に問題があるからこそ」根絶できないのだ。日本も例外ではないはずだ。(朝日新聞出版 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    志村けんさん「笑いの美学」鉄道員で共演の高倉健も惚れた

  4. 4

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  5. 5

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  6. 6

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  7. 7

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  8. 8

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  9. 9

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る