「オスとメスはどちらが得か?」稲垣栄洋著

公開日: 更新日:

 生物にオスとメスが存在するのはなぜか。その謎に迫りながら、人間同様にオスとメスの存在に振り回される生きものたちの生態を紹介するサイエンスエッセー。

 生物にとって最も大切なことは自らの遺伝子を次世代へ伝えること。進化の過程で、生物は他の個体と遺伝子を交換して多様性を生み出す道を選んだ。さらに、自分にはない性質の遺伝子を持つ個体と効率よく遺伝子を交換するため、2つのグループに分かれ、グループ間でのみ遺伝子が交換できるようにした。それがオスとメスの始まりだという。そんな基本知識から、オスが1%しかいないギンブナや、メスに貞操帯をつけるギフチョウなど、生き物たちの駆け引きを解説した知的好奇心を刺激する書。(祥伝社 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  6. 6

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  7. 7

    節酒に禁煙…志村けんさんが8カ月前に語っていた健康管理

  8. 8

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  9. 9

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  10. 10

    新型コロナ差別続出 田中・ダル・大谷は米国人の標的に?

もっと見る