「オスとメスはどちらが得か?」稲垣栄洋著

公開日: 更新日:

 生物にオスとメスが存在するのはなぜか。その謎に迫りながら、人間同様にオスとメスの存在に振り回される生きものたちの生態を紹介するサイエンスエッセー。

 生物にとって最も大切なことは自らの遺伝子を次世代へ伝えること。進化の過程で、生物は他の個体と遺伝子を交換して多様性を生み出す道を選んだ。さらに、自分にはない性質の遺伝子を持つ個体と効率よく遺伝子を交換するため、2つのグループに分かれ、グループ間でのみ遺伝子が交換できるようにした。それがオスとメスの始まりだという。そんな基本知識から、オスが1%しかいないギンブナや、メスに貞操帯をつけるギフチョウなど、生き物たちの駆け引きを解説した知的好奇心を刺激する書。(祥伝社 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る

人気キーワード