北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「名もなき風たち」はらだみずき著

公開日: 更新日:

 武井遼介が小学6年生の時点から始まった「サッカーボーイズ」シリーズは、とりあえず中学を卒業するまでの全5作で完結した。それを第1期とするなら、本書は第2期の開幕を告げる新シリーズの第1作である。主人公は高校1年になった武井遼介だ。

 遼介が入部したのは関東の強豪サッカー部で、1年生だけでも約50人。その1年生チームでも遼介はポジションを確保できない。サッカーが遼介よりもっとうまいやつはたくさんいるのだ。

 小学校、中学校まではそこそこやっていた遼介も、強豪サッカー部に入ってみると無名の高校生なのである。そういう日々の中で、どういうふうにサッカーに向き合っていくのかを、本書は丁寧に描いていく。

「サッカーボーイズ」シリーズの第1作「再会のグラウンド」を覚えている読者なら、この作家がここまでうまくなっていることに驚かれるだろう。勝者だけが主役なのではない。脇役たちもまた、それぞれの人生においては主役なのである。その厳しい現実と、希望と夢を、はらだみずきはくっきりと描いていく。地味な話ではあるけれど、奥が深いと言い換えてもいい。

 これまでの「サッカーボーイズ」シリーズを未読の方は、この第2期の開幕から読み始めればいい。そして本書が面白ければ、第1期にさかのぼっていけばいい。類いまれなスポーツ青春小説がいま目の前にあるのだ。(KADOKAWA 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

もっと見る