北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「タイムマシンでは、行けない明日」畑野智美著

公開日: 更新日:

 高校生のあなたが初めてのデートの日、初恋の相手が目の前から永遠に消えた、とする。高校生のあなたは大学生になり、大学院に進み、初恋の人をまだ忘れられない。そのときにもしも、タイムマシンがあったらどうする? 過去に戻って、あの日に戻って、もう一度最初からやり直したいと思わないだろうか。本書の主人公丹羽光二は、かくて過去に戻っていく。

 作者の畑野智美は「国道沿いのファミレス」で小説すばる新人賞を受賞した作家で、「夏のバスプール」「海の見える街」など、青春小説に定評がある。つまりSF作家というわけではない。そういう作家がタイムトラベル小説を書くのかと驚かれる読者もいるかもしれないが、畑野智美は2年前に「ふたつの星とタイムマシン」という連作集を出している。

 実は本書と、その「ふたつの星とタイムマシン」(ちょうど文庫化されたばかりだ)は登場人物がダブっているだけでなく、互いを補っていたりするから、こういう過去があったのかとか、いろいろ発見があって、併せて読むと大変に面白い。念のために書いておくと、どちらを先に読んでもいい。

 タイムトラベル小説は数多く、近年ではスティーヴン・キング「11/22/63」という超傑作がある。我が国にも広瀬正の名作「マイナス・ゼロ」という傑作があるが、そういうタイムトラベルものが好きな方に、ぜひ本書をお薦めしたい。(集英社 1900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  8. 8

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  9. 9

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

  10. 10

    日テレが大博打 原田知世&田中圭で“2クール連続ドラマ”

もっと見る