• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「科学者が書いたワインの秘密 身体にやさしいワイン学」清水健一著

 農学博士で醸造技術の指導にも携わる著者が、科学的知見を交えながら説くワイン入門書。

「ワインは開けたらすぐ飲まないとまずくなる」と多くの人が思い込んでいるが、熟成が進んだ高級ワインは例外として、冷蔵庫に入れておけば5~6日は十分品質を保てるという。ブドウ由来のポリフェノール類による天然の酸化防止作用に加え、酸化防止剤の亜硫酸塩も含まれているからだ。残ったワインはペットボトルなどに詰め替え、空気と触れないようにすれば日持ちはさらに2~5倍延びるそうだ。こうしたワインにまつわるさまざまな誤解を解きながらワインの基礎知識を伝授。一方で、赤ワインの心臓病やがんの予防効果なども、化学式を用いながら理論的に解説。(PHP研究所 660円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る