「科学者が書いたワインの秘密 身体にやさしいワイン学」清水健一著

公開日: 更新日:

 農学博士で醸造技術の指導にも携わる著者が、科学的知見を交えながら説くワイン入門書。

「ワインは開けたらすぐ飲まないとまずくなる」と多くの人が思い込んでいるが、熟成が進んだ高級ワインは例外として、冷蔵庫に入れておけば5~6日は十分品質を保てるという。ブドウ由来のポリフェノール類による天然の酸化防止作用に加え、酸化防止剤の亜硫酸塩も含まれているからだ。残ったワインはペットボトルなどに詰め替え、空気と触れないようにすれば日持ちはさらに2~5倍延びるそうだ。こうしたワインにまつわるさまざまな誤解を解きながらワインの基礎知識を伝授。一方で、赤ワインの心臓病やがんの予防効果なども、化学式を用いながら理論的に解説。(PHP研究所 660円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  2. 2

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る