「科学者が書いたワインの秘密 身体にやさしいワイン学」清水健一著

公開日:  更新日:

 農学博士で醸造技術の指導にも携わる著者が、科学的知見を交えながら説くワイン入門書。

「ワインは開けたらすぐ飲まないとまずくなる」と多くの人が思い込んでいるが、熟成が進んだ高級ワインは例外として、冷蔵庫に入れておけば5~6日は十分品質を保てるという。ブドウ由来のポリフェノール類による天然の酸化防止作用に加え、酸化防止剤の亜硫酸塩も含まれているからだ。残ったワインはペットボトルなどに詰め替え、空気と触れないようにすれば日持ちはさらに2~5倍延びるそうだ。こうしたワインにまつわるさまざまな誤解を解きながらワインの基礎知識を伝授。一方で、赤ワインの心臓病やがんの予防効果なども、化学式を用いながら理論的に解説。(PHP研究所 660円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  7. 7

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

もっと見る