• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「小説ライムライト」チャールズ・チャップリンほか著、大野裕之監修上岡伸雄・南條竹則訳

 喜劇王チャップリンが書いた唯一の小説で、映画「ライムライト」の原案となった小説「フットライト」。本書は、この幻の小説を初めて収録するとともに、小説がどう映画へ変わっていったのか、また小説のアイデアがどこから生まれたのかを詳細に跡づけている。

 映画「ライムライト」が公開されたのは1952年。その4年前からチャップリンは「フットライト」を口述筆記させていたが、バレエダンサーと落ちぶれた喜劇役者の恋というプロットのうち、ダンサーを主役にした物語は、1916年、チャップリンがロシアの天才バレエダンサー、ニジンスキーと出会ったときに生まれたものだという。その後、さらにダンサーとボードビリアンの物語へと発展し、小説「フットライト」が生まれる。

 本書にはさらに「カルヴェロの物語」という、主人公カルヴェロのアナザーストーリーも紹介されており、映画と小説の違いを楽しむだけでなく、映画では描かれなかったこの作品の奥行きを味わうことができる。(集英社 3500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  8. 8

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  9. 9

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  10. 10

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

もっと見る