「小説ライムライト」チャールズ・チャップリンほか著、大野裕之監修上岡伸雄・南條竹則訳

公開日:

 喜劇王チャップリンが書いた唯一の小説で、映画「ライムライト」の原案となった小説「フットライト」。本書は、この幻の小説を初めて収録するとともに、小説がどう映画へ変わっていったのか、また小説のアイデアがどこから生まれたのかを詳細に跡づけている。

 映画「ライムライト」が公開されたのは1952年。その4年前からチャップリンは「フットライト」を口述筆記させていたが、バレエダンサーと落ちぶれた喜劇役者の恋というプロットのうち、ダンサーを主役にした物語は、1916年、チャップリンがロシアの天才バレエダンサー、ニジンスキーと出会ったときに生まれたものだという。その後、さらにダンサーとボードビリアンの物語へと発展し、小説「フットライト」が生まれる。

 本書にはさらに「カルヴェロの物語」という、主人公カルヴェロのアナザーストーリーも紹介されており、映画と小説の違いを楽しむだけでなく、映画では描かれなかったこの作品の奥行きを味わうことができる。(集英社 3500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る