「小説ライムライト」チャールズ・チャップリンほか著、大野裕之監修上岡伸雄・南條竹則訳

公開日:

 喜劇王チャップリンが書いた唯一の小説で、映画「ライムライト」の原案となった小説「フットライト」。本書は、この幻の小説を初めて収録するとともに、小説がどう映画へ変わっていったのか、また小説のアイデアがどこから生まれたのかを詳細に跡づけている。

 映画「ライムライト」が公開されたのは1952年。その4年前からチャップリンは「フットライト」を口述筆記させていたが、バレエダンサーと落ちぶれた喜劇役者の恋というプロットのうち、ダンサーを主役にした物語は、1916年、チャップリンがロシアの天才バレエダンサー、ニジンスキーと出会ったときに生まれたものだという。その後、さらにダンサーとボードビリアンの物語へと発展し、小説「フットライト」が生まれる。

 本書にはさらに「カルヴェロの物語」という、主人公カルヴェロのアナザーストーリーも紹介されており、映画と小説の違いを楽しむだけでなく、映画では描かれなかったこの作品の奥行きを味わうことができる。(集英社 3500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る