「小説ライムライト」チャールズ・チャップリンほか著、大野裕之監修上岡伸雄・南條竹則訳

公開日: 更新日:

 喜劇王チャップリンが書いた唯一の小説で、映画「ライムライト」の原案となった小説「フットライト」。本書は、この幻の小説を初めて収録するとともに、小説がどう映画へ変わっていったのか、また小説のアイデアがどこから生まれたのかを詳細に跡づけている。

 映画「ライムライト」が公開されたのは1952年。その4年前からチャップリンは「フットライト」を口述筆記させていたが、バレエダンサーと落ちぶれた喜劇役者の恋というプロットのうち、ダンサーを主役にした物語は、1916年、チャップリンがロシアの天才バレエダンサー、ニジンスキーと出会ったときに生まれたものだという。その後、さらにダンサーとボードビリアンの物語へと発展し、小説「フットライト」が生まれる。

 本書にはさらに「カルヴェロの物語」という、主人公カルヴェロのアナザーストーリーも紹介されており、映画と小説の違いを楽しむだけでなく、映画では描かれなかったこの作品の奥行きを味わうことができる。(集英社 3500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  2. 2

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  3. 3

    中居正広がTVから消える? レギュラー2本に“消滅危機”情報

  4. 4

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  5. 5

    何やってんだ横浜! 指導者問題で活動自粛の古巣に物申す

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  8. 8

    しゃべりも演技も好評なのに…松岡茉優に吹き始めた“逆風”

  9. 9

    問題は再就職 早期退職募集で手を挙げていい人・ダメな人

  10. 10

    3歳男児が2歳妹の髪を切ったら…斬新なヘアスタイルに!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る