【現代のアリス物語】不思議の国ならぬゴミ屋敷が舞台

公開日: 更新日:

「不思議の国のアリス」のアリスは、ウサギ穴に落ちて不思議の国に迷い込んだが、本書の主人公の少女が、狭い昇降機で降り着いた先は、不思議の国ならぬゴミ屋敷。

 19世紀後半のロンドン郊外。廃棄物がうずたかく積み上げられた広大な私有地に、巨大な館が立っていた。その館にはゴミで財をなしたある一族が何代にもわたって暮らしていた。少女は、母親が一族の血を引くことから召し使いとして館の地下へ連れてこられたのだ。上階には一族の純血の者たちが住み、彼らは誕生日に与えられた品を自分の分身のように大切にしていた。もう一人の主人公の少年は浴槽の栓が誕生日の品で、さまざまな物の声が聞こえるという特殊な能力の持ち主。少年は伯母が誕生の品であるドアの取っ手をなくしたと聞き、捜しに出掛けるが、途中で少女と出会う。だが、この取っ手の紛失と少年と少女の出会いが、一族に重大な危機を引き起こすことに……。

「不思議の国」の挿絵と同じく、著者の描くイラストが、この物語に独自の色合いを与えている。奇想天外の筋立てといい、まさに現代のアリス物語。

★先週のX本はコレでした

「わたしはこうして執事になった」
ロジーナ・ハリソン著
白水社 2600円+税

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  4. 4

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  5. 5

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  6. 6

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  7. 7

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  8. 8

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

  9. 9

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  10. 10

    体づくりに強い拘り 佐々木の“ハードル”に尻込み球団続出

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る