【現代のアリス物語】不思議の国ならぬゴミ屋敷が舞台

公開日:

「不思議の国のアリス」のアリスは、ウサギ穴に落ちて不思議の国に迷い込んだが、本書の主人公の少女が、狭い昇降機で降り着いた先は、不思議の国ならぬゴミ屋敷。

 19世紀後半のロンドン郊外。廃棄物がうずたかく積み上げられた広大な私有地に、巨大な館が立っていた。その館にはゴミで財をなしたある一族が何代にもわたって暮らしていた。少女は、母親が一族の血を引くことから召し使いとして館の地下へ連れてこられたのだ。上階には一族の純血の者たちが住み、彼らは誕生日に与えられた品を自分の分身のように大切にしていた。もう一人の主人公の少年は浴槽の栓が誕生日の品で、さまざまな物の声が聞こえるという特殊な能力の持ち主。少年は伯母が誕生の品であるドアの取っ手をなくしたと聞き、捜しに出掛けるが、途中で少女と出会う。だが、この取っ手の紛失と少年と少女の出会いが、一族に重大な危機を引き起こすことに……。

「不思議の国」の挿絵と同じく、著者の描くイラストが、この物語に独自の色合いを与えている。奇想天外の筋立てといい、まさに現代のアリス物語。

★先週のX本はコレでした

「わたしはこうして執事になった」
ロジーナ・ハリソン著
白水社 2600円+税

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る