「腰痛は『動かして』治しなさい」松平浩著

公開日: 更新日:

“腰痛には安静がいちばん”というのは、もはや昔の話。東京大学医学部付属病院の特任教授を務める著者は、骨折やがんなどの明らかな疾患が原因の腰痛以外には、「安静は百害あって一利なし」と言う。

 腰痛をかばって動かずにいると、筋肉が凝り固まって血行を悪くし、余計に痛みを増幅させる。さらに、痛みの恐怖によって脳機能に不具合が生じ、痛みを抑えるシステムが破綻するという悪循環も招きかねない。

 腰痛が治るまで安静にしていたグループと、活動させたグループを比較した調査もある。安静にしたグループは、活動したグループの3倍以上も腰痛再発のリスクが高く、再発回数も多く慢性腰痛に陥りやすいという結果が出ているそうだ。

 本書では、著者が推奨している「これだけ体操」も紹介。基本の体操は、足を肩幅に開いて両手をお尻にあて、息を吐きながら上体をゆっくり反らして3秒キープするだけ。治療のためなら10回、予防なら1~2回でOKだ。

 できる範囲で体を動かすようにすれば、“腰痛持ち”から卒業できるかもしれない。(講談社 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  2. 2

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  3. 3

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  4. 4

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  5. 5

    千葉被災者から怒りと悲鳴…支援金わずか13億円という冷酷

  6. 6

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

  7. 7

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  10. 10

    G原監督 オーナー絶賛も“独裁”拍車で「短命政権」の可能性

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る