• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「やってはいけない歯の治療」斎藤正人著

 歯科医院を受診すると、「この歯は持って半年なので、今のうちに抜いてインプラントにしましょう」などと勧められることがある。しかし、簡単に従ってはいけないと、“歯を抜かない”を治療方針に掲げる歯科医の著者は言う。

 骨にネジ状の棒を埋め込んで人工の歯をかぶせるインプラントは、保険外であるため歯科医院が手っ取り早く稼げる治療法。そのため、抜かなくてもいい歯にまでインプラントを勧める、“抜け抜け詐欺”のような治療が横行していると本書は警鐘を鳴らす。

「骨が残っているうちに歯を抜いた方が、インプラントが固まりやすい」というのも歯科医の常套句だが、歯槽骨という骨が残っているうちは歯を抜く必要などない。患部だけを取り除いて洗浄・消毒を行い、樹脂状の充填材で緊密に埋める根管治療を行えば、骨が再生して自分の歯を残すことができる。しかし、この治療には時間と技術を要し、何より儲からないため、やりたがらない歯科医が少なくない。

 すぐに歯を抜きたがる歯科医には要注意。歯科治療にもセカンドオピニオンを考えた方がよさそうだ。(KADOKAWA 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  2. 2

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」好視聴率で健闘のワケ

  3. 3

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  4. 4

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  5. 5

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    テレ東「ラストチャンス」原作者 江上剛氏が見どころ語る

  8. 8

    歌手・女優の坂本スミ子さん パルムドール表彰式の思い出

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

もっと見る