• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「日米対等」藤井厳喜著

 トランプ政権の政策を予測し、今後の日米関係の行く末を論じた国際政治テキスト。

 大統領選挙中から、トランプの当選を予言していた著者は彼がアメリカの国力を大きく復活させると断言。その政治戦略の基本は、まず強い経済をつくり、その経済力によって軍事的にも超大国を再生させるというもの。トランプが敵と見定めているのは第1にIS(イスラム国)、そして中国だという。

 だが、意外にも彼は軍事介入には消極的で、世界の秩序維持を考慮して、IS壊滅の目的を達すれば、イスラム世界への軍事介入は行わないと推測する。

 一方で中国の覇権国化を止めるために、米中の軍事衝突は不可避だと指摘。そのとき、当事者とならざるを得ない日本はどう動くべきか説く。(祥伝社 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る