「日米対等」藤井厳喜著

公開日: 更新日:

 トランプ政権の政策を予測し、今後の日米関係の行く末を論じた国際政治テキスト。

 大統領選挙中から、トランプの当選を予言していた著者は彼がアメリカの国力を大きく復活させると断言。その政治戦略の基本は、まず強い経済をつくり、その経済力によって軍事的にも超大国を再生させるというもの。トランプが敵と見定めているのは第1にIS(イスラム国)、そして中国だという。

 だが、意外にも彼は軍事介入には消極的で、世界の秩序維持を考慮して、IS壊滅の目的を達すれば、イスラム世界への軍事介入は行わないと推測する。

 一方で中国の覇権国化を止めるために、米中の軍事衝突は不可避だと指摘。そのとき、当事者とならざるを得ない日本はどう動くべきか説く。(祥伝社 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  4. 4

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  7. 7

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  10. 10

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

もっと見る