「『いつも誰かに振り回される』が一瞬で変わる方法」大嶋信頼著

公開日: 更新日:

 多くの人は、成長過程の中で“私は私、人は人”という感覚を身につけるもの。これは「自我防壁」と呼ばれ、自分にとって不快な相手の言動をはね返したり、人と自分を比べて劣等感にさいなまれたりするのを防ぐ役割を果たす。

 ところが、自我防壁がつくられないままで大人になると、周りに振り回されて疲弊しやすくなってしまう。必要以上に相手の顔色をうかがったり、ちょっとした言葉を深読みしたり、相手の気持ちを考えすぎるためだ。このようなタイプの人は、自己評価が低く、知らず知らずのうちに自分を相手の下に置き、自分の本音を抑えることで相手に振り回されている気分になるのだという。

 仕事でも日常生活でも誰かに振り回されてばかりだと感じる人は、まず他人の気持ちへの感度を鈍くするのがお勧め。「自我防壁!」と心の中で唱え、他人の言動を遮断する自己暗示も有効だという。人間関係にストレスを感じている人は、ぜひお試しあれ。(すばる舎 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  9. 9

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る