「『いつも誰かに振り回される』が一瞬で変わる方法」大嶋信頼著

公開日: 更新日:

 多くの人は、成長過程の中で“私は私、人は人”という感覚を身につけるもの。これは「自我防壁」と呼ばれ、自分にとって不快な相手の言動をはね返したり、人と自分を比べて劣等感にさいなまれたりするのを防ぐ役割を果たす。

 ところが、自我防壁がつくられないままで大人になると、周りに振り回されて疲弊しやすくなってしまう。必要以上に相手の顔色をうかがったり、ちょっとした言葉を深読みしたり、相手の気持ちを考えすぎるためだ。このようなタイプの人は、自己評価が低く、知らず知らずのうちに自分を相手の下に置き、自分の本音を抑えることで相手に振り回されている気分になるのだという。

 仕事でも日常生活でも誰かに振り回されてばかりだと感じる人は、まず他人の気持ちへの感度を鈍くするのがお勧め。「自我防壁!」と心の中で唱え、他人の言動を遮断する自己暗示も有効だという。人間関係にストレスを感じている人は、ぜひお試しあれ。(すばる舎 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  3. 3

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  4. 4

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  5. 5

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  6. 6

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  7. 7

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  8. 8

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  9. 9

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

  10. 10

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る