「運命の絵」中野京子著

公開日: 更新日:

 運命的瞬間、歴史的転換点、夢や宣託が告げる未来などが描かれた作品、さらには作品自体が画家ばかりか世界観をも変えたドラマチックな作品を紹介し、絵画鑑賞の面白さを説く本。

 ルノワールが37歳のときに制作した「シャルパンティエ夫人と子どもたち」は、ルノワールが世に出るきっかけになった作品。この絵の制作を依頼したのは美術収集家のシャルパンティエ氏で、ゾラやモーパッサンなどの小説の版元で知られる出版社を経営していたが、1880年代に入った途端、急激に経営が悪化し、1895年に別会社と合併し消えていった。この絵はまさに最盛期の一家の姿を描いた運命的瞬間をとらえた作品だった。

 ジェローム「差し下ろされた親指」、ムンク「叫び」ほか23点の絵画の運命を読み解く。掲載絵画はすべてカラー。(文藝春秋 1780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    サンキュータツオはなぜミルクボーイ優勝を的中できたのか

  3. 3

    あるか河井夫妻買収事件ダブル立件 検察は官邸に忖度せず

  4. 4

    乃木坂46を卒業 白石麻衣に“接近”したアイドルタレント2人

  5. 5

    AKBを他山の石に…乃木坂46白石麻衣に見る高嶺の花の功績

  6. 6

    祖母が64年前に着たドレスで…花嫁が「そっくり」と話題に

  7. 7

    ヤクザがやっている「他人の風下に立たない」心理術の極意

  8. 8

    白石麻衣「写真集37万部」の凄さ アイドルでは実質歴代2位

  9. 9

    ゴーンが逃亡直前「極秘インタビュー」10時間で語ったこと

  10. 10

    筆者も招待…「桜」疑惑背任罪での告発は本質をついている

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る