「運命の絵」中野京子著

公開日:

 運命的瞬間、歴史的転換点、夢や宣託が告げる未来などが描かれた作品、さらには作品自体が画家ばかりか世界観をも変えたドラマチックな作品を紹介し、絵画鑑賞の面白さを説く本。

 ルノワールが37歳のときに制作した「シャルパンティエ夫人と子どもたち」は、ルノワールが世に出るきっかけになった作品。この絵の制作を依頼したのは美術収集家のシャルパンティエ氏で、ゾラやモーパッサンなどの小説の版元で知られる出版社を経営していたが、1880年代に入った途端、急激に経営が悪化し、1895年に別会社と合併し消えていった。この絵はまさに最盛期の一家の姿を描いた運命的瞬間をとらえた作品だった。

 ジェローム「差し下ろされた親指」、ムンク「叫び」ほか23点の絵画の運命を読み解く。掲載絵画はすべてカラー。(文藝春秋 1780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

もっと見る