「運の良くなる生き方」西中務著

公開日:

 世の中には同じようなトラブルに何度も見舞われる運の悪い人がいる一方で、会うたびに会社が大きくなるような運の良い人がいる。その差は何か。

 運の良い人が心得ているのは、争わないことだという。争うと顔がギスギスし人が近寄らなくなる。恨みを買い、足を引っ張られるなどロクなことはない。だから争いそうになったら困っているほうが態度を変え、避けることが賢明なのだ。

 恨みというのは、何げない行為が引き起こすことも多い。たとえば、傲慢な態度や自慢、束縛などがそれだ。介護などどんなに立派なことをしていても人間関係を悪くし、結局は運を遠ざけるのだ。

 著者はキャリア47年のベテラン弁護士。1万人の相談から見えてきた「運の良い人」の法則を公開。(東洋経済新報社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る