「運の良くなる生き方」西中務著

公開日:

 世の中には同じようなトラブルに何度も見舞われる運の悪い人がいる一方で、会うたびに会社が大きくなるような運の良い人がいる。その差は何か。

 運の良い人が心得ているのは、争わないことだという。争うと顔がギスギスし人が近寄らなくなる。恨みを買い、足を引っ張られるなどロクなことはない。だから争いそうになったら困っているほうが態度を変え、避けることが賢明なのだ。

 恨みというのは、何げない行為が引き起こすことも多い。たとえば、傲慢な態度や自慢、束縛などがそれだ。介護などどんなに立派なことをしていても人間関係を悪くし、結局は運を遠ざけるのだ。

 著者はキャリア47年のベテラン弁護士。1万人の相談から見えてきた「運の良い人」の法則を公開。(東洋経済新報社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

もっと見る