自分が勝手に幸せになることはできる

公開日:

「もう、がまんしない。『自分らしく』生きる練習」心屋仁之助著

 ありのままの自分を認め、好きなことだけをやって自由に、豊かに楽しく生きる方法を説く生き方指南書。

 今の自分を「ダメだ」「まだまだ」と発奮することが成長に大切なことと信じられているようだが、それは今の自分を否定し、与えられたものに感謝していないことになると指摘。できない自分、やらない自分――そんな自分を大事にしてあげる時が来ていると説く。

 自身も「いてほしい人」と言われたくて努力したが報われず、逆に今まで頑張ってきたことをやめたら認められるようになった体験があるという。誰かを幸せにすることはできなくても、自分が勝手に幸せになることはできると気が付いたそうだ。やさしく語られる自分を徹底肯定する生き方に触れ、それまでの悩みも氷解。(大和書房 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る