自分が勝手に幸せになることはできる

公開日:

「もう、がまんしない。『自分らしく』生きる練習」心屋仁之助著

 ありのままの自分を認め、好きなことだけをやって自由に、豊かに楽しく生きる方法を説く生き方指南書。

 今の自分を「ダメだ」「まだまだ」と発奮することが成長に大切なことと信じられているようだが、それは今の自分を否定し、与えられたものに感謝していないことになると指摘。できない自分、やらない自分――そんな自分を大事にしてあげる時が来ていると説く。

 自身も「いてほしい人」と言われたくて努力したが報われず、逆に今まで頑張ってきたことをやめたら認められるようになった体験があるという。誰かを幸せにすることはできなくても、自分が勝手に幸せになることはできると気が付いたそうだ。やさしく語られる自分を徹底肯定する生き方に触れ、それまでの悩みも氷解。(大和書房 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  6. 6

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る