• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「マンションは日本人を幸せにするか」榊淳司著

 日本人がマンションに住むようになって約60年。現在、分譲と賃貸を合わせ約1900万~2000万戸のマンションが存在し、日本人の住まいや、暮らし方に大きな影響を与えてきた。本書は、日本に根付いたこのマンションという住形態の正と負に目を向けながら、日本人とマンションの関係を考察、そのあり方を探るリポート。

 区分所有など、日本人に変化をもたらしたマンション特有の概念やシステムを解説。強制加入組織である管理組合の運営や、売り主企業や仲介業者の利益を守り、ユーザーがカモになることを許容している市場の商習慣や関連法規など。マンションに暮らすというリスクを徹底的に検証しながら、新たなマンション暮らしのスタイルを提示する。(集英社 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る