• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「マンションは日本人を幸せにするか」榊淳司著

 日本人がマンションに住むようになって約60年。現在、分譲と賃貸を合わせ約1900万~2000万戸のマンションが存在し、日本人の住まいや、暮らし方に大きな影響を与えてきた。本書は、日本に根付いたこのマンションという住形態の正と負に目を向けながら、日本人とマンションの関係を考察、そのあり方を探るリポート。

 区分所有など、日本人に変化をもたらしたマンション特有の概念やシステムを解説。強制加入組織である管理組合の運営や、売り主企業や仲介業者の利益を守り、ユーザーがカモになることを許容している市場の商習慣や関連法規など。マンションに暮らすというリスクを徹底的に検証しながら、新たなマンション暮らしのスタイルを提示する。(集英社 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る