銀座の街にも28種類の雑草が生えている

公開日: 更新日:

「身近な自然の観察図鑑」盛口満著

 都会のマンション暮らしで、会社と自宅を往復する日々で、一番難しいのが自然との触れ合いではなかろうか。ところが、わざわざ里山や海に出かけなくても、近所の公園はもちろん、通勤・通学路や自宅のベランダや庭、果ては家の中や、日々口にしている食材からも自然観察は可能だという。本書は、そんな身近な自然観察の楽しさや方法を説いたガイドブック。

 身近な自然観察の第一歩は雑草の観察から。どんなに洗練された街でも、道端には雑草が生えている。銀座でフィールドワークした時は、なんと28種類もの雑草が見つかったという。ただ雑草を見つけることに興味が持てない場合は、その雑草が食べられるかどうかなど、視点を変えてみることで、雑草観察も面白くなるという。例えばキク科の草は食べることが可能だが、ケシ科の植物は毒草が多いのだとか。

 そのキク科の雑草の代表のタンポポからじっくり観察。タンポポの花びらのように見える、あのひとつひとつが実は花で、小さな花がたくさん集まってひとつの花のように見えているのだという。

 さらにタンポポの在来種と外国から入ってきた移入種の簡単な見分け方や、キク科の他の植物との綿毛比べ、そしてタンポポの花茎を手折った時に切り口から出る白い汁で作る消しゴムなどの遊び方まで。タンポポだけでも知らないことだらけで、どれほど身近な植物に目を凝らしていなかったか痛感させられる。

 他にも、ネコジャラシをはじめ、街路や公園で観察しやすいイモムシやテントウムシ、家の中の衣類や本の間などに入り込んでいる「シミ(紙魚)」や、庭のカタツムリ、食卓に上るカキやリンゴの観察など。普段それと気づかない身近な自然の中に未知の世界が広がっていることを教えてくれる。(筑摩書房 860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    飯野矢住代誕生秘話<12>同棲から妊娠…ジャニーズ事務所は解雇、ホステス業は産休に

    飯野矢住代誕生秘話<12>同棲から妊娠…ジャニーズ事務所は解雇、ホステス業は産休に

  2. 2
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  3. 3
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  4. 4
    ブレークスルー感染で死亡…米国女性の遺族が「ワクチン拒否の人々のせい」と批判

    ブレークスルー感染で死亡…米国女性の遺族が「ワクチン拒否の人々のせい」と批判

  5. 5
    コロナ“隠れ陽性者”は東京都発表の3倍超!モニタリング検査抑制の罪とリバウンドの火種【独自試算】

    コロナ“隠れ陽性者”は東京都発表の3倍超!モニタリング検査抑制の罪とリバウンドの火種【独自試算】

もっと見る

  1. 6
    巨人・丸の深刻不振はコロナ後遺症か…フィジカルトレーナーが指摘する「感覚受容器への影響」とは

    巨人・丸の深刻不振はコロナ後遺症か…フィジカルトレーナーが指摘する「感覚受容器への影響」とは

  2. 7
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  3. 8
    阪神のプロアマ規定違反チョンボに他球団ニンマリ 天理・達孝太をドラフト指名する球団はどこ?

    阪神のプロアマ規定違反チョンボに他球団ニンマリ 天理・達孝太をドラフト指名する球団はどこ?

  4. 9
    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  5. 10
    屈指の“立ちんぼ”エリア大久保で週3回も…27歳女性教師の売春2度逮捕に都教育委「前代未聞」と仰天

    屈指の“立ちんぼ”エリア大久保で週3回も…27歳女性教師の売春2度逮捕に都教育委「前代未聞」と仰天

人気キーワード