ラジカセの登場で音楽シーンが一変

公開日:

「70年代アナログ家電カタログ」松崎順一著

 音楽もネットを介して提供され、スマホで聴く時代。

 そんな時代だからこそなのか、ラジカセやレコードプレーヤーなど、往年のオーディオ家電の人気が再燃しているという。

 本書は、日本の家電製品が一番熱かった1970年代の各メーカーの家電カタログを編んだビジュアル文庫。オーディオからホーム家電まで、ありとあらゆる往時の電化製品が一堂に会した、まるで博物館のような本だ。

 数ある家電の中でも、やはりオーディオのポジションはトップクラスで、各社がしのぎを削ってさまざまな製品を送り出していた。ゆえにカタログも充実している。 

 部屋の中心に備えられた重厚な木工家具然としたコンポウッド。そのカタログ写真には、当時の若者の憧れが凝縮している。

 やがて好きな機器を組み合わせ自分流のオーディオシステムを構成するコンポーネントステレオとなり、さらにラジカセの登場で、音楽はアウトドアに持ち出すことができるようになった。

 ラジカセは日本が生んだアナログ合体家電の象徴だそうだ。そして、79年にソニーが発売したカセットポータブルプレーヤー「ウォークマン」で、音楽の楽しみ方は一変する。

 一方のテレビも、新しいライフスタイルに応じてさまざまな製品が生み出されてきた。

 冷蔵庫や掃除機、美容家電などをまとめたホーム家電のカタログの中には、地震を察知すると自動的に点灯し、同時にラジオも作動する防災用の警報アクセサリーなど、今でも需要がありそうな製品もある。

 70年代のキッチュなデザインは見ているだけで楽しく、若い時に憧れていたあのオーディオや、家庭で使っていた懐かしい製品にも再会できるお薦め本。(青幻舎 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  10. 10

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

もっと見る