北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「諦めない女」桂望実著

公開日: 更新日:

 ストーリーを紹介できない小説がある。それをしてしまったら、読書の興をそいでしまうからだ。まれにそういう小説がある。

 本書もそういうタイプの小説なので、いささか頭が痛い。どうやって紹介すればいいか。全3章の小説なのだが、第1章は紹介することが出来る。

 小学生になったばかりの幼い娘が行方不明になるのだ。牛乳を買い忘れたのでスーパーに買いに行き、戻ってみると入り口近くのベンチに居たはずのわが子がいない。そこから幼子を捜す母親の苦労の日々が始まっていく。母親は絶対に諦めない。そのうちに夫との間に隙間風が吹き始め、結局は離婚することになるが、それでも彼女は諦めない。第1章はそういう母親の話である。

 紹介できるのはここまでだ。一つだけ付け加えておくと、この小説は、幼子が行方不明になったその日から12年後に、ノンフィクションライターが関係者を取材する形で進んでいく、という構成になっている。これは第2章、第3章になっても変わらない。

 しかし、続く第2章で何が語られるのか、第3章で何が語られるのか。それは紹介しないほうがいい。知らずに読むと、「ええっ、こうなるのかよ」と驚くことは必至。桂望実はときにこういうふうに構成に凝った作品を書くが、これはそちらのタイプの傑作だ。最後まで読むと、「諦めない女」とは誰のことを指すのかがわかってくる構成もうまい。(光文社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

もっと見る