北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

公開日:  更新日:

 明治時代の日本野球を描いた長編小説である。主人公は2人いて、1人は一高OBの宮本銀平。日本文具新聞に勤めている男だが、母校野球部のコーチを頼まれるところから本書の幕が開く。明治の中ごろは一高が学生野球をリードしていたが、明治末ごろになると早稲田などの新興勢力に押されて旗色が悪くなっていく。つまりここで描かれるのは一高の苦難時代なのである。

 この銀平以外はすべて実在した人が登場する小説だが、もう一人の主人公が押川春浪。明治の冒険小説作家だ。スポーツを楽しむ私的団体「天狗倶楽部」を結成したことでも知られているが、この男の魅力が本書には満載である。たとえば、春浪が羽田に開設した運動場で野球の試合をしたとき、「俺は何のために早起きして羽田くんだりまで行ったんだ」と代打で一度登場しただけの岩野泡鳴が嘆く場面がある。そのときに春浪は「ろくに球を放れない奴を出せるか」と言うのだが、その春浪も平凡なゴロをトンネルしたり、せっかく捕ったと思ったら、今度は暴投とくるからおかしい。

 朝日新聞の野球害毒キャンペーンと闘う春浪を描く本書の後半も読みごたえたっぷりだ。この騒動のために春浪は博文館を退社することになるのだが、いま読むとそれが惜しまれる。もっと自由に、のびのびと生きてほしかった。はるか遠い昔の話だが、とてもリアルな野球小説といっていい。(新潮社 2100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  5. 5

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  6. 6

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  7. 7

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

もっと見る