北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「アキラとあきら」池井戸潤著

公開日: 更新日:

 10年前、雑誌に連載されたまま書籍化されずにいた幻の長編がいきなり文庫になって登場である。

 10年も本にならなかったのは何か欠陥があるんじゃないの、とひねくれた人なら思うかもしれないが(すみません、私がそう思いました)、とんでもない。一気読みの面白さで、最後には目頭が熱くなった。ベストセラー作家はさすがにうまい。

 零細工場の息子・山崎瑛と、大手海運会社の御曹司・階堂彬の、若き日を描く前半も読ませるが、やはり本書の読みどころは同じ銀行に入ってからの後半だろう。特に圧巻は、東海郵船の融資案件についての稟議書を瑛が上司に説明するラストだ。銀行は何のためにあるのか、という瑛の問いがここで一気に浮上する。

 池井戸潤の小説ではこれまで、大企業の横暴や、銀行の冷淡な応対など、現実の過酷な側面がきわめてリアルに描かれてきた。そういう厳しい面が向こう側にあるからこそ、こちら側の人間たちの努力が光り輝く――とのドラマが少なくなかった。

 ところが今回は、銀行は人を救うことが出来る、ビジネスとしてそれが可能であるとの真実にスポットライトを当てるのである。それは理想論かもしれないが、それもまた一つの真実なのだ。痛快極まりないのはそのためである。なお本書は今年の7月、向井理と斎藤工の主演でWOWOWにて放送(全9話)される予定で、そちらも楽しみだ。(徳間書店 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  2. 2

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  3. 3

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  4. 4

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  7. 7

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  8. 8

    和田アキ子戦々恐々…カンニング竹山が「ご意見番」下剋上

  9. 9

    最低12.0%で最高39.7% NHK大河ドラマの全話平均視聴率

  10. 10

    乙武さんがハーフ美女と再婚へ 日刊ゲンダイもデート目撃

もっと見る