「宝くじで1億円当たった人の末路」鈴木信行著

公開日: 更新日:

 宝くじで1億円当たると、隠そうとしてもついつい生活が派手になる。ふだん2000円の寿司を食べていた人が「自分へのご褒美」として1万円の寿司を食べても、おいしいものを食べたときに分泌される脳内麻薬が5倍になるわけではない。「あれ、おかしいな」と浪費はどんどんエスカレートしていく。

 米国のプロバスケットボールNBAを引退した選手の6割は5年以内に破産しているという。もし、1億円当てたら、弁護士らに相談して親族内トラブルを回避し、今の生活を変えずに、ファイナンシャルプランナーと資金プランを立てるべし。他に「自分を探し続けた人の末路」など23の末路を紹介。(日経BP社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  7. 7

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  8. 8

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  9. 9

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

  10. 10

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

もっと見る

人気キーワード