「宝くじで1億円当たった人の末路」鈴木信行著

公開日: 更新日:

 宝くじで1億円当たると、隠そうとしてもついつい生活が派手になる。ふだん2000円の寿司を食べていた人が「自分へのご褒美」として1万円の寿司を食べても、おいしいものを食べたときに分泌される脳内麻薬が5倍になるわけではない。「あれ、おかしいな」と浪費はどんどんエスカレートしていく。

 米国のプロバスケットボールNBAを引退した選手の6割は5年以内に破産しているという。もし、1億円当てたら、弁護士らに相談して親族内トラブルを回避し、今の生活を変えずに、ファイナンシャルプランナーと資金プランを立てるべし。他に「自分を探し続けた人の末路」など23の末路を紹介。(日経BP社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  2. 2

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  3. 3

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<1>

  4. 4

    千葉被災者から怒りと悲鳴…支援金わずか13億円という冷酷

  5. 5

    石破氏から菅氏へ…“変わり身の早い男”は刺激欲求が強い

  6. 6

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  7. 7

    事務所の社長を自ら解雇…小林幸子はマスコミから袋叩きに

  8. 8

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  9. 9

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

  10. 10

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る