「女系の教科書」藤田宜永著

公開日: 更新日:

 私の名は森川崇徳。ムネノリだが、ソートクと呼ぶ者もいる。今は独身の次女、三女夫婦と2人の孫娘と同居中。近所には姉や妹も住んでいて、つまり私は女に囲まれて暮らしているのだ。

 そんなある日、私は海坊主のような男が家をのぞいているのに気付き、あとを追いかけるが見失う。警察に届けようと娘たちが騒ぐ中、数日後、なんと海坊主が突然家にやって来て私に文庫本を投げつけると、「女房に近づくな!」。

 出版社を定年後、私はカルチャーセンターで文学講座の講師をしており、海坊主は生徒青井照子の旦那だったのだ。この件で立腹した照子が家を出たと聞き、気になった私は海坊主を訪ねるが……。

「女系の総督」シリーズの第2弾。女系家族の黒一点である主人公ソートクが、娘や姉たちに翻弄される姿をコミカルに描いた家族小説。(講談社 1650円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  6. 6

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    テレ朝でニュース番組司会 中居正広“当面残留”の将来設計

もっと見る