「女系の教科書」藤田宜永著

公開日: 更新日:

 私の名は森川崇徳。ムネノリだが、ソートクと呼ぶ者もいる。今は独身の次女、三女夫婦と2人の孫娘と同居中。近所には姉や妹も住んでいて、つまり私は女に囲まれて暮らしているのだ。

 そんなある日、私は海坊主のような男が家をのぞいているのに気付き、あとを追いかけるが見失う。警察に届けようと娘たちが騒ぐ中、数日後、なんと海坊主が突然家にやって来て私に文庫本を投げつけると、「女房に近づくな!」。

 出版社を定年後、私はカルチャーセンターで文学講座の講師をしており、海坊主は生徒青井照子の旦那だったのだ。この件で立腹した照子が家を出たと聞き、気になった私は海坊主を訪ねるが……。

「女系の総督」シリーズの第2弾。女系家族の黒一点である主人公ソートクが、娘や姉たちに翻弄される姿をコミカルに描いた家族小説。(講談社 1650円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  4. 4

    「ドクターX」制作未定 “ポスト米倉”は内藤剛志&金田明夫

  5. 5

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  6. 6

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  7. 7

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  8. 8

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  9. 9

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

  10. 10

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

もっと見る