「暗い暗い森の中で」ルース・ウェア著 宇佐川晶子訳

公開日: 更新日:

 ロンドンで暮らす作家のノーラの元に、知らない人物からメールが届く。フロと名乗る差出人からのメールは、結婚が決まったノーラの幼馴染みのクレアの独身最後の日を楽しむパーティーへの招待だった。16歳で故郷のレディングを出て以来、10年間も音信不通だったクレアのことを思い出すと、ノーラの心は騒ぎ出す。共通の友人ニーナが参加するというのでノーラも出席することに。

 フロから届いた地図を頼りにたどり着いた会場は、彼女の叔母の別荘だという深い森の中の一軒家だった。遅れて到着したクレアから、彼女の結婚相手が自分が故郷を出る理由となったジェイムズだと教えられ、ノーラは動揺する。

 森の中で起きる惨劇を描く長編サスペンス。(早川書房 1140円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  2. 2

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  3. 3

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  4. 4

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  5. 5

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  6. 6

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  7. 7

    和田アキ子戦々恐々…カンニング竹山が「ご意見番」下剋上

  8. 8

    最低12.0%で最高39.7% NHK大河ドラマの全話平均視聴率

  9. 9

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  10. 10

    デビュー45周年で人気再燃 岡田奈々「永遠の清純派」伝説

もっと見る