「暗い暗い森の中で」ルース・ウェア著 宇佐川晶子訳

公開日: 更新日:

 ロンドンで暮らす作家のノーラの元に、知らない人物からメールが届く。フロと名乗る差出人からのメールは、結婚が決まったノーラの幼馴染みのクレアの独身最後の日を楽しむパーティーへの招待だった。16歳で故郷のレディングを出て以来、10年間も音信不通だったクレアのことを思い出すと、ノーラの心は騒ぎ出す。共通の友人ニーナが参加するというのでノーラも出席することに。

 フロから届いた地図を頼りにたどり着いた会場は、彼女の叔母の別荘だという深い森の中の一軒家だった。遅れて到着したクレアから、彼女の結婚相手が自分が故郷を出る理由となったジェイムズだと教えられ、ノーラは動揺する。

 森の中で起きる惨劇を描く長編サスペンス。(早川書房 1140円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  4. 4

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  5. 5

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  6. 6

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    左頬の刀傷と眼光…初めて生で見た安藤昇は想像以上の迫力

もっと見る