「暗い暗い森の中で」ルース・ウェア著 宇佐川晶子訳

公開日:  更新日:

 ロンドンで暮らす作家のノーラの元に、知らない人物からメールが届く。フロと名乗る差出人からのメールは、結婚が決まったノーラの幼馴染みのクレアの独身最後の日を楽しむパーティーへの招待だった。16歳で故郷のレディングを出て以来、10年間も音信不通だったクレアのことを思い出すと、ノーラの心は騒ぎ出す。共通の友人ニーナが参加するというのでノーラも出席することに。

 フロから届いた地図を頼りにたどり着いた会場は、彼女の叔母の別荘だという深い森の中の一軒家だった。遅れて到着したクレアから、彼女の結婚相手が自分が故郷を出る理由となったジェイムズだと教えられ、ノーラは動揺する。

 森の中で起きる惨劇を描く長編サスペンス。(早川書房 1140円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る