• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「チャップリン暗殺指令」土橋章宏著

 陸軍士官学校生の津島新吉は、貧しさ故に母を病気で死なせてしまったことを深く悔いていた。折しも昭和維新を標榜する海軍将校らは、私腹を肥やし政争に明け暮れる政財界を討つべくクーデターを計画。

 それに共鳴した新吉も彼らに加わるが、新吉が命じられたのは喜劇王チャプリンの暗殺だった。チャプリンは、映画「街の灯」のキャンペーンのため1932年5月14日に来日し、翌日、犬養毅首相との会見を予定していた。

 チャプリンを知るために彼の映画を見に銀座へ出かけた新吉は、チャプリンに弟子入りをするという俳優、柳浩介と知り合い、彼の手づるでチャプリンに近づくことに成功。

 しかし実際のチャプリンは、「西洋文化の退廃の象徴」と聞かされていたのとは大違いで、貧しく弱い者に優しい好人物だった。己の使命と板挟みとなる新吉だが……。

 史実をもとに、チャプリンの来日秘話を、エンターテインメントに仕立てた、「超高速!参勤交代」の著者の最新作。(文藝春秋 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  6. 6

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る