「チャップリン暗殺指令」土橋章宏著

公開日: 更新日:

 陸軍士官学校生の津島新吉は、貧しさ故に母を病気で死なせてしまったことを深く悔いていた。折しも昭和維新を標榜する海軍将校らは、私腹を肥やし政争に明け暮れる政財界を討つべくクーデターを計画。

 それに共鳴した新吉も彼らに加わるが、新吉が命じられたのは喜劇王チャプリンの暗殺だった。チャプリンは、映画「街の灯」のキャンペーンのため1932年5月14日に来日し、翌日、犬養毅首相との会見を予定していた。

 チャプリンを知るために彼の映画を見に銀座へ出かけた新吉は、チャプリンに弟子入りをするという俳優、柳浩介と知り合い、彼の手づるでチャプリンに近づくことに成功。

 しかし実際のチャプリンは、「西洋文化の退廃の象徴」と聞かされていたのとは大違いで、貧しく弱い者に優しい好人物だった。己の使命と板挟みとなる新吉だが……。

 史実をもとに、チャプリンの来日秘話を、エンターテインメントに仕立てた、「超高速!参勤交代」の著者の最新作。(文藝春秋 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る