「東京自叙伝」奥泉光著

公開日:  更新日:

 弘化2(1845)年の大火事で、孤児となった5歳の「私」は、御家人柿崎家の養子となる。安政2年秋、大地震が発生。15歳になっていた私は自分が地震に遭うのは今回が初めてではないと確信する。よく考えると宝永の富士山の大噴火(1707年)の記憶まであった。どうやら私は輪廻転生する自分の前世の記憶が残っているようだ。元服後、柿崎幸緒と名乗る私は、養父の急死で家督を継ぎ、気がふれて「天照大神」と言葉を交わすことができると言い出した養母を利用して金儲けを始める。時代は明治維新へと突入していく。

 関東大震災に遭遇する榊春彦から福島原発事故に居合わせた郷原聖士まで、6人にとりついた地霊を主人公に東京の歴史を描く長編小説。(集英社 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  10. 10

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

もっと見る