「東京自叙伝」奥泉光著

公開日: 更新日:

 弘化2(1845)年の大火事で、孤児となった5歳の「私」は、御家人柿崎家の養子となる。安政2年秋、大地震が発生。15歳になっていた私は自分が地震に遭うのは今回が初めてではないと確信する。よく考えると宝永の富士山の大噴火(1707年)の記憶まであった。どうやら私は輪廻転生する自分の前世の記憶が残っているようだ。元服後、柿崎幸緒と名乗る私は、養父の急死で家督を継ぎ、気がふれて「天照大神」と言葉を交わすことができると言い出した養母を利用して金儲けを始める。時代は明治維新へと突入していく。

 関東大震災に遭遇する榊春彦から福島原発事故に居合わせた郷原聖士まで、6人にとりついた地霊を主人公に東京の歴史を描く長編小説。(集英社 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  6. 6

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  7. 7

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  8. 8

    白石麻衣10.28乃木坂卒業で注目 ソロ活動と恋愛解禁Xデー

  9. 9

    脚本家・三谷幸喜さんが語る“シットコム”への新たな思い

  10. 10

    巨人上位候補 天理大148km左腕・森浦&明石商・来田の実力

もっと見る

人気キーワード