「東京自叙伝」奥泉光著

公開日:  更新日:

 弘化2(1845)年の大火事で、孤児となった5歳の「私」は、御家人柿崎家の養子となる。安政2年秋、大地震が発生。15歳になっていた私は自分が地震に遭うのは今回が初めてではないと確信する。よく考えると宝永の富士山の大噴火(1707年)の記憶まであった。どうやら私は輪廻転生する自分の前世の記憶が残っているようだ。元服後、柿崎幸緒と名乗る私は、養父の急死で家督を継ぎ、気がふれて「天照大神」と言葉を交わすことができると言い出した養母を利用して金儲けを始める。時代は明治維新へと突入していく。

 関東大震災に遭遇する榊春彦から福島原発事故に居合わせた郷原聖士まで、6人にとりついた地霊を主人公に東京の歴史を描く長編小説。(集英社 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る