「東京自叙伝」奥泉光著

公開日: 更新日:

 弘化2(1845)年の大火事で、孤児となった5歳の「私」は、御家人柿崎家の養子となる。安政2年秋、大地震が発生。15歳になっていた私は自分が地震に遭うのは今回が初めてではないと確信する。よく考えると宝永の富士山の大噴火(1707年)の記憶まであった。どうやら私は輪廻転生する自分の前世の記憶が残っているようだ。元服後、柿崎幸緒と名乗る私は、養父の急死で家督を継ぎ、気がふれて「天照大神」と言葉を交わすことができると言い出した養母を利用して金儲けを始める。時代は明治維新へと突入していく。

 関東大震災に遭遇する榊春彦から福島原発事故に居合わせた郷原聖士まで、6人にとりついた地霊を主人公に東京の歴史を描く長編小説。(集英社 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  7. 7

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

  8. 8

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  9. 9

    「やじうまワイド」でMC 58歳の玉利かおるさんは今何を?

  10. 10

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る