• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「『思わず見ちゃう』のつくりかた」ラッキィ池田著

 つまらない「大人の事情」を飛び越えるためには「子どもスイッチ」を押せばいい。そのいい例が映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のタイムマシン〈デロリアン号〉だ。

 そのデロリアン号のタイムマシンのメカを取り除いてノーマルに改造した〈デロリアン〉のプラモデルが発売された。普通は実在の車を改造して劇中車を造るので、逆である。

 実は、天才ジウジアーロがデザインした実在の〈デロリアンDMC―12〉は、発売後すぐに会社が倒産したため、幻の車となった。だが、社長のデロリアンがジウジアーロの「子どもスイッチ」をONにしたことで、素晴らしい未来カーができたのだ。

「理屈抜きにすごい」を生み出す発想を伝授。(新潮社 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事