「海賊の世界史」桃井治郎著

公開日:

「人類共通の敵」とみられている海賊だが、時代によっては英雄的存在だったこともある。古代から現代まで、海賊の変遷をたどりながら、各時代で海賊がどのような存在として見られていたかを考察する歴史テキスト。

 ヘロドトスの記録に残る古代ギリシャの海賊王ポリュクラテスは、エーゲ海で勢力を広げ、各地で数々の略奪行為に及んだ。だが、ヘロドトスは彼を海上制覇を企てた初のギリシャ人で、高邁な志の持ち主と称賛している。

 古代ローマを脅かしたキリキア海賊から、イングランドやフランスを悩ませたバイキング、オスマン帝国の大提督になった海賊、そして現代のソマリア海賊まで、海賊の存在が世界史をどのように動かしてきたかを俯瞰する。(中央公論新社 860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る