「海賊の世界史」桃井治郎著

公開日:

「人類共通の敵」とみられている海賊だが、時代によっては英雄的存在だったこともある。古代から現代まで、海賊の変遷をたどりながら、各時代で海賊がどのような存在として見られていたかを考察する歴史テキスト。

 ヘロドトスの記録に残る古代ギリシャの海賊王ポリュクラテスは、エーゲ海で勢力を広げ、各地で数々の略奪行為に及んだ。だが、ヘロドトスは彼を海上制覇を企てた初のギリシャ人で、高邁な志の持ち主と称賛している。

 古代ローマを脅かしたキリキア海賊から、イングランドやフランスを悩ませたバイキング、オスマン帝国の大提督になった海賊、そして現代のソマリア海賊まで、海賊の存在が世界史をどのように動かしてきたかを俯瞰する。(中央公論新社 860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る