「日本国最後の帰還兵 深谷義治とその家族」深谷敏雄著

公開日:  更新日:

 終戦後も中国に潜伏し任務を続けた日本人スパイとその家族の足跡をつづったノンフィクション。

 著者の父・義治氏は、昭和12年、22歳で応召され、中国で諜報謀略工作に従事。任務のため中国人になりすまし、中国人女性と結婚する。終戦後も上官の命令で任務を続行していたが、昭和33年にスパイ容疑で中国当局に逮捕され、収監され続けた。その間、氏の生死は極秘にされ、一家は罪人の家族として苦難を強いられる。

 拷問に遭いながらも祖国の名誉を守るために黙秘を貫いた氏は、昭和53年、鄧小平副首相(当時)の訪日の手土産として釈放され帰国を果たしたという。歴史に翻弄された一家の70年を描いた戦争秘史。(集英社 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る