「受けたい介護がすぐわかる手続き便利帳」小泉仁監修

公開日:  更新日:

 保険料を払っている割には、必要になったとき、介護保険の利用法が分からない人は多い。まずは地域包括支援センターか役所の介護保険担当部署に行けば、要介護認定の申請の仕方を教えてくれる。認定されたらケアマネジャーに相談すると利用者に合った「ケアプラン」を立ててくれる。認定される前にサービスを受けることも可能だが、「非該当」になった場合はサービス費用は全額自己負担になる。要介護でなく要支援1~2になったら、「介護予防・日常生活支援総合事業」のサービスを受けることになる。訪問入浴介護など、要支援でも受けられるサービスは多い。さまざまなケースを想定して、適切な対応法をアドバイスしてくれる便利な一冊。

 (青春出版社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

もっと見る