• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「追われもの一破獄」金子成人著

 八丈島に流刑された元博徒の丹次は、少年時代に身につけた読み書きの能力に助けられ、役人たちの手伝いなどをしながら平穏に暮らしていた。

 しかし、新たに島に送られてきた博徒仲間の重次郎から、実家の乾物問屋が店をたたんだと聞き、胸が締め付けられる。聞くと、兄嫁が店をひっかき回して商いが傾き、心労から両親は首を吊り、兄夫婦の行方も分からないという。兄の佐市郎に何が起きたのか、居ても立ってもいられない丹次は、島抜けを決意。半年かかって用意した筏(いかだ)で夜の海にこぎ出す。島伝いに伊豆を目指すが、漁師から聞いていた「黒瀬川」と呼ばれる潮流に翻弄され、意識を失ってしまう。

 追っ手の恐怖に耐えながらひたすら江戸を目指す丹次を描く長編時代小説。

(幻冬舎 540円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る