「追われもの一破獄」金子成人著

公開日:  更新日:

 八丈島に流刑された元博徒の丹次は、少年時代に身につけた読み書きの能力に助けられ、役人たちの手伝いなどをしながら平穏に暮らしていた。

 しかし、新たに島に送られてきた博徒仲間の重次郎から、実家の乾物問屋が店をたたんだと聞き、胸が締め付けられる。聞くと、兄嫁が店をひっかき回して商いが傾き、心労から両親は首を吊り、兄夫婦の行方も分からないという。兄の佐市郎に何が起きたのか、居ても立ってもいられない丹次は、島抜けを決意。半年かかって用意した筏(いかだ)で夜の海にこぎ出す。島伝いに伊豆を目指すが、漁師から聞いていた「黒瀬川」と呼ばれる潮流に翻弄され、意識を失ってしまう。

 追っ手の恐怖に耐えながらひたすら江戸を目指す丹次を描く長編時代小説。

(幻冬舎 540円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  9. 9

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  10. 10

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

もっと見る