「日本殺人巡礼」八木澤高明著

公開日:  更新日:

 2013年7月21日、山口県周南市で、近隣に住む高齢者5人が連続して殺害・放火された。この事件は閉鎖的な村社会で起きた連続殺人であり、横溝正史の「八つ墓村」のモデルとして知られる津山事件との類似が指摘され、「現代の八つ墓村」ともいわれている。

 著者は、現場である周南市を訪れ、次いで津山事件の犯人都井睦雄の生家にも赴く。それぞれの土地を訪れることで2つの事件を生んだ風土の特性を感得する。

 この事件を皮切りに、小平義雄婦女暴行事件、永山則夫連続射殺事件、足立区綾瀬女子高生コンクリート殺人事件、埼玉県愛犬家殺人事件、本庄保険金殺人事件……戦前から現在まで、深く人々の記憶に刻まれたこれらの事件が起こった現場ならびに殺人者の生まれ育った土地を訪ね歩き、取材を重ねていく。

 その中には、北海道で妻子を殺害したネパール人の故郷も含まれる。

 おぞましい犯罪を生んだ風土と時代とはなんだったのかを問う、ノンフィクション。

 (亜紀書房 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

もっと見る