「日本殺人巡礼」八木澤高明著

公開日:  更新日:

 2013年7月21日、山口県周南市で、近隣に住む高齢者5人が連続して殺害・放火された。この事件は閉鎖的な村社会で起きた連続殺人であり、横溝正史の「八つ墓村」のモデルとして知られる津山事件との類似が指摘され、「現代の八つ墓村」ともいわれている。

 著者は、現場である周南市を訪れ、次いで津山事件の犯人都井睦雄の生家にも赴く。それぞれの土地を訪れることで2つの事件を生んだ風土の特性を感得する。

 この事件を皮切りに、小平義雄婦女暴行事件、永山則夫連続射殺事件、足立区綾瀬女子高生コンクリート殺人事件、埼玉県愛犬家殺人事件、本庄保険金殺人事件……戦前から現在まで、深く人々の記憶に刻まれたこれらの事件が起こった現場ならびに殺人者の生まれ育った土地を訪ね歩き、取材を重ねていく。

 その中には、北海道で妻子を殺害したネパール人の故郷も含まれる。

 おぞましい犯罪を生んだ風土と時代とはなんだったのかを問う、ノンフィクション。

 (亜紀書房 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る