• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「天国の南」ジム・トンプソン著、小林宏明訳

 主人公は、テキサスの油田パイプラインでひと稼ぎしようと流れてきた青年・トミー。オクラホマで生まれ、奨学金をもらって大学に行けるかもしれないと思っていた高校生のとき、唯一の親族の祖父母がダイナマイトの事故で爆死して以来、人生がすっかり狂ってしまった。

 高校を中退してカナダ、カリフォルニア、ワシントン、オレゴン、ネブラスカなどを転々としながら日銭を稼いだが、稼いだ金はギャンブルと酒につぎ込みアル中になったのだ。仕方なくアル中の治療を受け、一文なしになった末にたどり着いたのがテキサス。そこでトミーは、荒野には似合わないキャロルというひとりの女に出会ったのだが……。

「おれの中の殺し屋」などの作品でノワールの鬼才として注目を浴び、スタンリー・キューブリックの映画脚本にも参加した著者が、若き日の経験をもとに描いた青春小説。

 1920年代の過酷な労働現場がみずみずしい文体で語られている。本作の翻訳は本邦初。

 (文遊社 2500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る