「天国の南」ジム・トンプソン著、小林宏明訳

公開日: 更新日:

 主人公は、テキサスの油田パイプラインでひと稼ぎしようと流れてきた青年・トミー。オクラホマで生まれ、奨学金をもらって大学に行けるかもしれないと思っていた高校生のとき、唯一の親族の祖父母がダイナマイトの事故で爆死して以来、人生がすっかり狂ってしまった。

 高校を中退してカナダ、カリフォルニア、ワシントン、オレゴン、ネブラスカなどを転々としながら日銭を稼いだが、稼いだ金はギャンブルと酒につぎ込みアル中になったのだ。仕方なくアル中の治療を受け、一文なしになった末にたどり着いたのがテキサス。そこでトミーは、荒野には似合わないキャロルというひとりの女に出会ったのだが……。

「おれの中の殺し屋」などの作品でノワールの鬼才として注目を浴び、スタンリー・キューブリックの映画脚本にも参加した著者が、若き日の経験をもとに描いた青春小説。

 1920年代の過酷な労働現場がみずみずしい文体で語られている。本作の翻訳は本邦初。

 (文遊社 2500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  4. 4

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  5. 5

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  8. 8

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  9. 9

    テレ朝でニュース番組司会 中居正広“当面残留”の将来設計

  10. 10

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

もっと見る