「天国の南」ジム・トンプソン著、小林宏明訳

公開日:  更新日:

 主人公は、テキサスの油田パイプラインでひと稼ぎしようと流れてきた青年・トミー。オクラホマで生まれ、奨学金をもらって大学に行けるかもしれないと思っていた高校生のとき、唯一の親族の祖父母がダイナマイトの事故で爆死して以来、人生がすっかり狂ってしまった。

 高校を中退してカナダ、カリフォルニア、ワシントン、オレゴン、ネブラスカなどを転々としながら日銭を稼いだが、稼いだ金はギャンブルと酒につぎ込みアル中になったのだ。仕方なくアル中の治療を受け、一文なしになった末にたどり着いたのがテキサス。そこでトミーは、荒野には似合わないキャロルというひとりの女に出会ったのだが……。

「おれの中の殺し屋」などの作品でノワールの鬼才として注目を浴び、スタンリー・キューブリックの映画脚本にも参加した著者が、若き日の経験をもとに描いた青春小説。

 1920年代の過酷な労働現場がみずみずしい文体で語られている。本作の翻訳は本邦初。

 (文遊社 2500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

もっと見る