「中学生棋士」谷川浩司著

公開日: 更新日:

 注目の藤井聡太四段をはじめ、著者自らも名を連ねる歴代5人の中学生棋士の強さの秘密に迫るノンフィクション。

 著者が藤井四段と初めて会ったのは彼が小学校2年のとき。イベントで同時に相手にした5人のうちの1人が彼だった。著者が飛車と角を落とすハンディキャップ戦で、なかなか勝負がつかず、「引き分け」を提案した途端、彼は激しく泣き出したという。愛知県瀬戸市の彼の実家を訪ね、本人や母親の裕子さんらを取材。5歳のときに祖母と一緒にルールを覚えたという将棋との出合いから、両親とも数学が苦手だという家庭環境、角と桂馬を使った卓越した終盤の構想力が持ち味というその棋風、そしてその能力を培った詰め将棋など。その才能開花の鍵は何かを探る。

(KADOKAWA 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  4. 4

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  7. 7

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  8. 8

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  9. 9

    和田アキ子戦々恐々…カンニング竹山が「ご意見番」下剋上

  10. 10

    最低12.0%で最高39.7% NHK大河ドラマの全話平均視聴率

もっと見る