• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

建築美を誇る世界各地のアーケード

「世界のアーケード」写真・アフロ、テキスト・水野久美

 アーケードと聞くと、昭和なたたずまいの、ちょっと寂れた商店街を思い浮かべてしまうが、本書に収録されたそれは、一味も二味も異なる。

 歴史と芸術性を備えた見ごたえのある建築美を誇る世界各地のアーケードを紹介。18世紀末の産業革命以降、ヨーロッパを中心に自然光が降り注ぐガラス屋根を持つ通り抜けの商店街が盛んにつくられた。一般的にアーケードと呼ばれるそれは、フランスでは「パサージュ」(高級なものは「ギャルリ」)、イタリアでは「ガレリア」と呼ばれ、一種の社交場の役割を果たしていたという。

 その代表格ともいえるのが、「ミラノの応接間」との別名を持つ、イタリアの「ヴィットリオ・エマヌエーレ2世のガレリア」(1877年建造)。

 高級ブランドが立ち並ぶ初代国王の名を冠したこのガレリアの中央十字路は、高さ47メートルのガラス製ドームに覆われ、ミラノから見た4大陸を表すフレスコ画や、モザイク床で彩られ、豪華で壮麗そのもの。

 対照的に、現存するパリ最古のパサージュ「パサージュ・デ・パノラマ」(1800年開通)は、狭い通路にカフェやレストラン、小切手・古コインなどの店舗がひしめき、パリの粋が凝縮したような空間だ。

 他にも、ロンドンの金融街シティー地区にある格調高いビクトリア風の市場「レドンホール・マーケット」(1881年再建)や、さまざまな建築様式が調和する幻想的なハンガリー・ブダペストの「パリ・ウドバー」(1912年再建)、そして1461年建造というトルコ・イスタンブールの「グランド・バザール」など、どこか懐かしさを抱かせる独特の空間に酔う。

 国内外39のアーケードを網羅。次の旅行では、現地のアーケードにも足を運んでみよう。 (青幻舎 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  9. 9

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

  10. 10

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

もっと見る