120万セットが売れた鉄腕アトム

公開日:  更新日:

「日本懐かしソノシート大全」水落隆行著

 家庭用VTRがなかった時代、テレビアニメのヒーローやヒロインと会えるのは週に一回のお楽しみだった。そんな時代の子どもたちにとって、好きなときに好きなだけ、大好きなアニメの世界に触れられる「ソノシート」は、まさに宝物だった。

 ソノシートとは、薄くてペラペラに曲がるほど軟らかく、半透明で、赤や青、黄などポップな色をしたレコード盤の一種である。

 本書は、昭和30年代に登場したソノシートのコレクションを紹介しながら、その歴史や魅力を解説したムック。

 昭和34年、ニュースや音楽情報を伝える「ソノシートブック」(ソノシートとブックレットのセット)が創刊。「目と耳で味わえる」メディアミックスのはしりだった。その後、学習教材などさまざまなジャンルのソノシートが製作され、書店で販売されたが、一方で雑誌や商品の付録、販促用のおまけとしても流布。

 そして昭和38年、当時大人気だった「鉄腕アトム」のソノシートが発売されると、120万セットの大ヒットを記録する。アトム版は主題歌と声優の語りなどで構成されていたが、その後のマンガソノシートは「主題歌+新録ドラマ」が定番となり、数々のヒット作品が生まれる。

 アトムに加え、「鉄人28号」、累計400万枚もの特大ヒットとなった「オバQ音頭」、特撮ものの「ウルトラQ」、そして怪獣ブームの火付け役となった「怪獣大図鑑」の伝説の5タイトルは、同時代を過ごした人には垂涎、涙ものの再会だろう。

 ほかにも、「スーパージェッター」や「天才バカボン」「巨人の星」など、ジャンル別に六十余タイトルを収録。ポータブルレコーダーにのせられ、波打ちながら回転するソノシートから聞こえてくるチープなあの音色まで懐かしく思い出される。

 (辰巳出版 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る