「富美男の乱」梅沢富美男著

公開日:  更新日:

 梅沢の母の出身地・青森県藤崎町から、梅沢の劇団に「ふるさと公演」の依頼が来た。定員300人程度の公民館や体育館だから設備がない。自前で照明や音響用の電源車を持っていき、客席用のパイプ椅子も自分たちで並べるという赤字公演だ。だが、梅沢が女形姿で登場すると、うわーー! っと歓声が湧く。年寄りは開演の3時間も前にやってきて、「おやあ、おまえ、まだ生ぎでたのかい!」なんて会話をしている。それを聞いて、同じ町に住みながら、足がなくて何十年も行き来できなかった人たちが、梅沢の公演のおかげで再会できたことに気づいた。「これこそ『町おこし』じゃないか!」と。

 テレビ出演より劇団の公演を優先する梅沢の心意気が伝わってくるエッセー集。 (小学館 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る