「富美男の乱」梅沢富美男著

公開日: 更新日:

 梅沢の母の出身地・青森県藤崎町から、梅沢の劇団に「ふるさと公演」の依頼が来た。定員300人程度の公民館や体育館だから設備がない。自前で照明や音響用の電源車を持っていき、客席用のパイプ椅子も自分たちで並べるという赤字公演だ。だが、梅沢が女形姿で登場すると、うわーー! っと歓声が湧く。年寄りは開演の3時間も前にやってきて、「おやあ、おまえ、まだ生ぎでたのかい!」なんて会話をしている。それを聞いて、同じ町に住みながら、足がなくて何十年も行き来できなかった人たちが、梅沢の公演のおかげで再会できたことに気づいた。「これこそ『町おこし』じゃないか!」と。

 テレビ出演より劇団の公演を優先する梅沢の心意気が伝わってくるエッセー集。 (小学館 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  8. 8

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  9. 9

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  10. 10

    国民の怒り再燃 全戸配布で沸き起こる“アベノマスクの乱”

もっと見る