「富美男の乱」梅沢富美男著

公開日: 更新日:

 梅沢の母の出身地・青森県藤崎町から、梅沢の劇団に「ふるさと公演」の依頼が来た。定員300人程度の公民館や体育館だから設備がない。自前で照明や音響用の電源車を持っていき、客席用のパイプ椅子も自分たちで並べるという赤字公演だ。だが、梅沢が女形姿で登場すると、うわーー! っと歓声が湧く。年寄りは開演の3時間も前にやってきて、「おやあ、おまえ、まだ生ぎでたのかい!」なんて会話をしている。それを聞いて、同じ町に住みながら、足がなくて何十年も行き来できなかった人たちが、梅沢の公演のおかげで再会できたことに気づいた。「これこそ『町おこし』じゃないか!」と。

 テレビ出演より劇団の公演を優先する梅沢の心意気が伝わってくるエッセー集。 (小学館 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  3. 3

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  7. 7

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  8. 8

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  9. 9

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  10. 10

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

もっと見る