「歴史のなかの新選組」宮地正人著

公開日:

 史実と虚構が入り乱れる新選組を幕末期の政治史に位置づける新選組論。

 新選組を論じる際に、戦前から用いられてきた「勤王対佐幕」という政治史的図式では、事の本質を誤認すると指摘。幕末期の政治過程は、正常期の幕府優位体制への復帰を志向する「将軍譜代結合」政治集団と、幕府を排除しつつ朝廷と諸大名との直接結合を狙う長州や薩摩などの「外様諸藩の政治集団」、そして天皇との結合にのみ幕府の活路が見いだせるとした一橋慶喜と会津藩・桑名藩による「一会桑グループ」という3つの政治集団の複雑で錯綜した政治闘争に他ならないという。その一会桑グループの有能な政治活動家が近藤勇だった。グループと近藤勇の関係に始まる新選組の歴史を解き明かしながら、その実像に迫る歴史ファン必読の書。

(岩波書店 1360円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る