「何もしない」という究極の治療方法

公開日:  更新日:

「不安神経症・パニック障害が昨日より少し良くなる本」ポール・デイヴィッド著、三木直子訳

 10年間にわたり不安神経症に苦しんだ著者が、自身の経験をもとに克服方法をアドバイスする本書。

 不安神経症とは、はっきりした理由がないのに不安が起こる、あるいは理由があってもそれ以上に強く不安を感じ、病的な不安がさまざまな身体症状を伴って表れる疾患だ。精神的ショックやストレスなどの他、過労や睡眠不足など身体的悪条件によって引き起こされる場合もある。

 症状としては、気分の落ち込みや手の震え、動悸、疲労感、孤独感などがあるが、不安神経症の場合は症状そのものも不安の対象となり、悪循環をもたらすという難しさがある。必死に治療を続けてきた著者を苦しめたのも、この悪循環だという。

 しかし、さまざまなクリニックを転々とする中で、あるカウンセラーの言葉からひと筋の光を見いだすことになる。それは、「良くなろうとする限り良くならない」という言葉だった。以降、“即効性”を求めるのをやめ、自分の状態とその原因を知るところから始めた著者。そして、「脳や体が疲れている状態にある」と理解した上で、薬やカウンセリング漬けだった毎日からシフトし、「何もしない」という選択をした。

 すると、強迫観念や自己嫌悪がなくなり、少しずつ回復へと向かうことができたのだという。シンプルな提案だが、患者視点からの言葉には説得力がある。不安神経症に限らず、長引く疾患に悩む多くの患者に役立つカウンセリングブックだ。

 (晶文社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る