• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「1分で『聞こえ』が変わる耳トレ!」小松正史著、白澤卓二監修

 加齢に伴い体は衰えるものだが、ウオーキングや筋トレを習慣にすることで衰えに抵抗することは可能だ。では、耳はどうだろう。こちらも加齢に伴い“耳が遠くなる”という現象が起きるが、実は筋力などと同じように聴力を鍛えることは可能であるという。

 本書はCD付きで、耳のトレーニングに役立つさまざまな音が収録されている。例えば、水滴が落ちる音。“ポタリ”と低い音と、“ピチョン”と高い音が同時に聞こえてくるため、低い音か高い音、どちらかだけに集中し、何滴落ちたのか数えていくのだ。

 このように、音に集中して聞き分けるトレーニングを積むことで、聴覚が鍛えられる。他にも、葉擦れや川のせせらぎにあふれた「森の音」から、小鳥のさえずりだけに集中したり、だんだん小さくなっていく音が“消える瞬間”を感じ取るなど、さまざまなトレーニングの音が収録されている。各トレーニングにはQRコードも付いており、スマホをかざせばいつでも音を聞いて耳を鍛えることが可能だ。

 聴覚刺激は、脳の1カ所だけでなく網の目のように脳全体に送られるため、音を聞き取ることは脳を活性化させることに役立つ。逆に、聴覚の衰えを年齢のせいだと放置していると、脳の働きが停滞して認知症につながるリスクも高まる。

 いつの間にかテレビの音量を上げていたり、後ろから来た車に気づきにくくなったら聴力が衰えている証拠。今すぐトレーニングを始めよう。

(ヤマハミュージックメディア 1500円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る