脳に炎症を起こさせない食習慣のすすめ

公開日:  更新日:

「脳にいい食事大全」ミシェル・ショーフロ・クック著 児島修訳

 脳の健康状態を左右するもの。それは「炎症」であるという。脳の疾患といえば脳梗塞やパーキンソン病、アルツハイマー病など重篤な疾患ばかりを思い浮かべるが、そこに至るまでには脳に小さな炎症が繰り返し起こり、ダメージが蓄積されて疾患へとつながっていく。つまり、脳の健康を維持するには小さな炎症を起こさせないようにすることが重要であり、そのためには炎症のもととなる食習慣を改めることが必要なのだという。

 現代人の脳に炎症を起こす最大の原因となっているのが、トランス脂肪酸だ。ファストフードやスナック菓子、ケーキ、パン、カップラーメンなどのほか、さまざまな加工食品や外食料理にも多く含まれている。人間の脳の6割は脂肪でできており、脳細胞を健全な状態に保つためには食事から十分な脂肪を取ることが不可欠だ。しかし、現代人の多くはトランス脂肪酸を日常的に口にし、脳にダメージを与えている。油を取る際にはトランス脂肪酸を極力排除し、オリーブオイルや亜麻仁油、チアシードオイルなど、脳を炎症から守るオメガ3脂肪酸を多く含むものを選ぶようにしたい。

 本書では、白砂糖や牛乳など避けるべき食品のほかに、脳の機能を高める21種のスーパーフードも紹介。ザクロやブルーベリー、セロリにローズマリーなどの効果的な取り方と、おいしい食べ方も解説していく。脳を健康に保つためには、日々の食事の積み重ねが大切であると肝に銘じよう。

(ダイヤモンド社 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  7. 7

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  8. 8

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

  9. 9

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  10. 10

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

もっと見る