脳に炎症を起こさせない食習慣のすすめ

公開日: 更新日:

「脳にいい食事大全」ミシェル・ショーフロ・クック著 児島修訳

 脳の健康状態を左右するもの。それは「炎症」であるという。脳の疾患といえば脳梗塞やパーキンソン病、アルツハイマー病など重篤な疾患ばかりを思い浮かべるが、そこに至るまでには脳に小さな炎症が繰り返し起こり、ダメージが蓄積されて疾患へとつながっていく。つまり、脳の健康を維持するには小さな炎症を起こさせないようにすることが重要であり、そのためには炎症のもととなる食習慣を改めることが必要なのだという。

 現代人の脳に炎症を起こす最大の原因となっているのが、トランス脂肪酸だ。ファストフードやスナック菓子、ケーキ、パン、カップラーメンなどのほか、さまざまな加工食品や外食料理にも多く含まれている。人間の脳の6割は脂肪でできており、脳細胞を健全な状態に保つためには食事から十分な脂肪を取ることが不可欠だ。しかし、現代人の多くはトランス脂肪酸を日常的に口にし、脳にダメージを与えている。油を取る際にはトランス脂肪酸を極力排除し、オリーブオイルや亜麻仁油、チアシードオイルなど、脳を炎症から守るオメガ3脂肪酸を多く含むものを選ぶようにしたい。

 本書では、白砂糖や牛乳など避けるべき食品のほかに、脳の機能を高める21種のスーパーフードも紹介。ザクロやブルーベリー、セロリにローズマリーなどの効果的な取り方と、おいしい食べ方も解説していく。脳を健康に保つためには、日々の食事の積み重ねが大切であると肝に銘じよう。

(ダイヤモンド社 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  2. 2

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  3. 3

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  4. 4

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  5. 5

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  6. 6

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  7. 7

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  8. 8

    加藤官房長官“ジャラジャラ”手首に目がクギ付け 「何の願掛け?」と記者たちで話題に

  9. 9

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  10. 10

    東京都のコロナ新規感染者2848人! 元東京都衛生局職員が語る「最多更新」以上の深刻度

もっと見る

人気キーワード