北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「血のペナルティ」カリン・スローター著 鈴木美朋訳

公開日: 更新日:

 いやはや、すごい。読み始めたらやめられず、最後まで一気読みだ。話は一見、シンプルに見える。なぜなら拉致された母親を救出する物語だからだ。ただ、それだけだ。複雑なことは何もない。それでもたっぷりと読ませるのは、冒頭からいきなり銃撃戦が始まるし、その後も怒涛の展開が続いて目が離せないからである。その迫力が群を抜いている。

 実はこれ、ジョージア州捜査局特別捜査官のウィル・トレントを主人公とするシリーズの第5作だ。シリーズの途中からでは、これまでの作品を未読の人は読めない、と思うのが普通だが、カリン・スローターの場合は異なる。全然、平気である。このシリーズの場合、どこから読んでもいい。話がわかるように出来ているから素晴らしい。

 60代の女性3人が大活躍するのも今回の特徴だ。詳しく紹介したいが、これは本書をあたられたい。ウィル・トレントをはじめとして、キャラが立ちまくりなのもカリン・スローターの特色だが、3人の婆さま以外にも、女医サラ・リントンと、ウィルの妻アンジーなど、個性的な女性が多い。これらの女性たちが時には協力し、時にはぶつかって、激しく競演する様子がすごい。

 さらに、一見シンプルに見えた話の奥に真実が潜んでいる、との展開が何よりも素晴らしい。いま翻訳ミステリー界でもっとも面白い作家の新作を、ぜひ堪能されたい。

(ハーパーコリンズ・ジャパン1185円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  9. 9

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る