北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「血のペナルティ」カリン・スローター著 鈴木美朋訳

公開日: 更新日:

 いやはや、すごい。読み始めたらやめられず、最後まで一気読みだ。話は一見、シンプルに見える。なぜなら拉致された母親を救出する物語だからだ。ただ、それだけだ。複雑なことは何もない。それでもたっぷりと読ませるのは、冒頭からいきなり銃撃戦が始まるし、その後も怒涛の展開が続いて目が離せないからである。その迫力が群を抜いている。

 実はこれ、ジョージア州捜査局特別捜査官のウィル・トレントを主人公とするシリーズの第5作だ。シリーズの途中からでは、これまでの作品を未読の人は読めない、と思うのが普通だが、カリン・スローターの場合は異なる。全然、平気である。このシリーズの場合、どこから読んでもいい。話がわかるように出来ているから素晴らしい。

 60代の女性3人が大活躍するのも今回の特徴だ。詳しく紹介したいが、これは本書をあたられたい。ウィル・トレントをはじめとして、キャラが立ちまくりなのもカリン・スローターの特色だが、3人の婆さま以外にも、女医サラ・リントンと、ウィルの妻アンジーなど、個性的な女性が多い。これらの女性たちが時には協力し、時にはぶつかって、激しく競演する様子がすごい。

 さらに、一見シンプルに見えた話の奥に真実が潜んでいる、との展開が何よりも素晴らしい。いま翻訳ミステリー界でもっとも面白い作家の新作を、ぜひ堪能されたい。

(ハーパーコリンズ・ジャパン1185円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  3. 3

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  4. 4

    東京都の協力金先払いに飲食業者から怨嗟の声!「一律112万円」などスズメの涙

  5. 5

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  6. 6

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  7. 7

    “ハマのドン”藤木幸夫氏が横浜市長選めぐる質問に謎の大放言!海外プレスもア然

  8. 8

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  9. 9

    小室ママは息子と眞子さまの“NY生活に合流”で「教育の成果」を結実させるか

  10. 10

    白鵬の五輪無断観戦は完全アウト! 焦点は協会が下す「処分の内容」だ

もっと見る

人気キーワード