北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「僕らだって扉くらい開けられる」行成薫著

公開日:  更新日:

 超能力者たちを描く連作集だ。ただし、超能力の持ち主は、その能力を手にしたことを喜んではいない。なぜなら、たとえば会社員の今村心司は1日1回だけ使える念動力(テレキネシス)を持っているが、触れなくても動かせるものは、自分の片手で持てる重さのものに限定され、しかも右方向に10センチ動かせるだけ。さらにあまり離れるとだめで、せいぜい2~3メートルくらいまで。念動力を使うときはかなり意識を集中させなければならないから結構面倒で、だったら歩いていって手で動かしたほうが早い。

 なにそれ、と思わず言いたくなる超能力だ。

 この設定からわかるように、作品のトーンはユーモラスで、そういうユーモア小説かと思っていると、発火能力(パイロキネシス)を持つ主婦亜希子の回で展開する「夫婦小説」のくだりや、読心術(マインド・リーディング)の能力を持つ元教師の回における運動会の回想などに、思わず感じ入ってしまうから、この作者、なかなかの才人だ。

 登場人物がクロスしながら進んでいくが、ラストは全員集合して、みんなが少しずつ力を合わせれば何事かが起きるという展開もいい。

 著者は2012年に「名も無き世界のエンドロール」で小説すばる新人賞を受賞してデビューした作家でまだ新人だが、これからが楽しみな作家のひとりだろう。

 (集英社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  7. 7

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  10. 10

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

もっと見る