北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「犬から聞いた話をしよう」椎名誠著

公開日: 更新日:

 椎名誠は世界を旅してきた作家である。その旅の記録は、数多くのエッセー&紀行文として残されているが、椎名は写真家でもあるので世界各地で撮った写真が、それらのエッセー&紀行文に収録されている。旅の記録としての写真集も少なくない。

 あるとき、犬の写真が多い、ということに気がついた。意識して世界の犬を撮ってきたわけではないだろう。さまざまな国に住む人々や風景にカメラを向けてきたにすぎないと思われるが、数多くの犬が被写体として写り込んでしまうところに、この作家の感情がある。椎名誠は「ガクの冒険」という犬映画でデビューした映画監督でもあるように、希代の犬好き作家でもあるのだ。

 数多くの本に頻出する犬の写真を一冊にまとめてくれないかなあと、読者としてずっと熱望していたのだが、その夢がかなったのが本書である。

 まずカバー写真を見ていただきたい。アルゼンチンのウシュアイアという地球最南端の町で撮った一枚だが、一匹の犬がレストランの前でじっと座って飼い主が出てくるのを待っている。人間に忠実な犬という生き物の一瞬を、椎名誠は鮮やかに切り取っている。幼いガクがビーチサンダルに頭を乗せて寝ている写真もあるし、臆病そうな黒い犬が椅子の下で震えている姿もある。これはワンサという犬で、ホントにかわいい。

 全国の犬好き読者に贈る戌年のプレゼントだ。(新潮社 1800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る

人気キーワード