北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「犬から聞いた話をしよう」椎名誠著

公開日: 更新日:

 椎名誠は世界を旅してきた作家である。その旅の記録は、数多くのエッセー&紀行文として残されているが、椎名は写真家でもあるので世界各地で撮った写真が、それらのエッセー&紀行文に収録されている。旅の記録としての写真集も少なくない。

 あるとき、犬の写真が多い、ということに気がついた。意識して世界の犬を撮ってきたわけではないだろう。さまざまな国に住む人々や風景にカメラを向けてきたにすぎないと思われるが、数多くの犬が被写体として写り込んでしまうところに、この作家の感情がある。椎名誠は「ガクの冒険」という犬映画でデビューした映画監督でもあるように、希代の犬好き作家でもあるのだ。

 数多くの本に頻出する犬の写真を一冊にまとめてくれないかなあと、読者としてずっと熱望していたのだが、その夢がかなったのが本書である。

 まずカバー写真を見ていただきたい。アルゼンチンのウシュアイアという地球最南端の町で撮った一枚だが、一匹の犬がレストランの前でじっと座って飼い主が出てくるのを待っている。人間に忠実な犬という生き物の一瞬を、椎名誠は鮮やかに切り取っている。幼いガクがビーチサンダルに頭を乗せて寝ている写真もあるし、臆病そうな黒い犬が椅子の下で震えている姿もある。これはワンサという犬で、ホントにかわいい。

 全国の犬好き読者に贈る戌年のプレゼントだ。(新潮社 1800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  6. 6

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  7. 7

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る