「古本で見る昭和の生活 ご家庭にあった本」岡崎武志著

公開日: 更新日:

 古書店で衝動買いした雑本から「昭和」という時代を浮かび上がらせる古本エッセー。

 例えば昭和3年に刊行された「サラリマン物語」(前田一著)。月給袋の中身や家賃のやりくりなど、昭和初年のサラリーマン生活を解説したこの本によって、和製英語の「サラリーマン」という言葉が普及していったという。その他、フランス人作家がダイエットに悪戦苦闘する自身の姿を描いた世にも珍しい(当時は)男性のユーモア・ダイエット小説「肥満漢(デブ)の嘆き」(昭和6年刊)や、建築写真文庫「美容院と理髪店」(昭和45年刊)で見つけた一枚の写真からひもとく日本初の美容院「巴里院」の歴史まで。

 古本に導かれ、当時の風俗や社会背景を解き明かす読書タイムトラベル。(筑摩書房 840円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  6. 6

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  7. 7

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る