「古本で見る昭和の生活 ご家庭にあった本」岡崎武志著

公開日: 更新日:

 古書店で衝動買いした雑本から「昭和」という時代を浮かび上がらせる古本エッセー。

 例えば昭和3年に刊行された「サラリマン物語」(前田一著)。月給袋の中身や家賃のやりくりなど、昭和初年のサラリーマン生活を解説したこの本によって、和製英語の「サラリーマン」という言葉が普及していったという。その他、フランス人作家がダイエットに悪戦苦闘する自身の姿を描いた世にも珍しい(当時は)男性のユーモア・ダイエット小説「肥満漢(デブ)の嘆き」(昭和6年刊)や、建築写真文庫「美容院と理髪店」(昭和45年刊)で見つけた一枚の写真からひもとく日本初の美容院「巴里院」の歴史まで。

 古本に導かれ、当時の風俗や社会背景を解き明かす読書タイムトラベル。(筑摩書房 840円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  7. 7

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  8. 8

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  9. 9

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  10. 10

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

もっと見る

人気キーワード