「地検のS」伊兼源太郎著

公開日:  更新日:

「置き土産」「暗闘法廷」「血」など5作からなる連作短編。主人公は通称「S」と呼ばれる伊勢雅行。40代半ばにして真っ白な髪の毛からして白い主↓シロヌシ↓Sと記者連中から呼ばれ、総務課長のS、スパイのSとも掛けてそう呼ばれているのだ。

 舞台は政令指定都市・湊川市の地検。新聞記者の沢村は無罪判決を他社に抜かれ、左遷の危機に陥っていた。そのとき彼は伊勢がある小さな事件の法廷を扉の小窓からのぞき込んでいるのを見かける。

 勘を働かせた沢村は旧知の元刑事を通じて、事件に迫る。法律は道具、それを使って、窮地の人間を助けてはいけないのか、という元刑事の言葉が重い。

 (講談社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る