「パトリオットの引き金」警視庁捜査一課・田島慎吾、梶永正史著

公開日:  更新日:

 警視庁捜査1課の刑事・田島は、世田谷で発生した自衛官の交通事故死を調べるよう参事官の原田に指示される。所轄署は事故として処理を済ませたが、事件性を感じた交通警官の青木から頼まれたらしい。田島が指導係を務める新米女刑事の毛利は、殺人事件の捜査からはずされ機嫌が悪い。2人が青木から見せられたのは、事故現場で激しく動揺したそぶりを見せる人物が写った防犯カメラの映像だった。田島らは、その人物が事故死した自衛官・坂本の同僚・石倉だと突き止める。彼に話を聞きに朝霞駐屯地を訪ねると、自衛隊の警務官・松井の邪魔が入る。さらに、自衛隊から圧力がかかり、田島らは石倉に接触できない。

 生真面目な田島と帰国子女の毛利のコンビがPKOの闇に迫る警察小説。

(講談社 820円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る