「パトリオットの引き金」警視庁捜査一課・田島慎吾、梶永正史著

公開日: 更新日:

 警視庁捜査1課の刑事・田島は、世田谷で発生した自衛官の交通事故死を調べるよう参事官の原田に指示される。所轄署は事故として処理を済ませたが、事件性を感じた交通警官の青木から頼まれたらしい。田島が指導係を務める新米女刑事の毛利は、殺人事件の捜査からはずされ機嫌が悪い。2人が青木から見せられたのは、事故現場で激しく動揺したそぶりを見せる人物が写った防犯カメラの映像だった。田島らは、その人物が事故死した自衛官・坂本の同僚・石倉だと突き止める。彼に話を聞きに朝霞駐屯地を訪ねると、自衛隊の警務官・松井の邪魔が入る。さらに、自衛隊から圧力がかかり、田島らは石倉に接触できない。

 生真面目な田島と帰国子女の毛利のコンビがPKOの闇に迫る警察小説。

(講談社 820円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  3. 3

    別居情報を払拭?福山雅治の妻・吹石一恵の幸せ自粛ライフ

  4. 4

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    「バイキング」の“誤報”で叩かれるべきはMC坂上忍なのか

  7. 7

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  10. 10

    真中満は打撃センスもさることながら要領の良さも天下一品

もっと見る