「奥羽関ヶ原」松永弘高著

公開日:  更新日:

 慶長5(1600)年、陸奥・岩出山城主、伊達政宗は家康の命を受け、国元に向けて出立した。隣国を領する上杉景勝を討つためである。

 家康は秀吉の死後、おのれに歯向かう大名を屈服させていたが、家康の度重なる上洛の求めを無視し続けている上杉に揺さぶりをかけようとしたのだ。

 一方、陸奥・浅香城にいる上杉の家臣、直江兼続の元には石田三成の使者が駆けこんできた。家康討伐の兵を挙げると書かれた書状を見て、兼続は、今こそ謙信から引き継いだ越後を取り戻す好機だと進言し、景勝を奮い立たせる。

 関ケ原合戦の頃、奥羽でも天下を揺るがす合戦が始まろうとしていた。奥羽の武将の視点で描く長編歴史小説。

(朝日新聞出版 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  8. 8

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

もっと見る