• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「奥羽関ヶ原」松永弘高著

 慶長5(1600)年、陸奥・岩出山城主、伊達政宗は家康の命を受け、国元に向けて出立した。隣国を領する上杉景勝を討つためである。

 家康は秀吉の死後、おのれに歯向かう大名を屈服させていたが、家康の度重なる上洛の求めを無視し続けている上杉に揺さぶりをかけようとしたのだ。

 一方、陸奥・浅香城にいる上杉の家臣、直江兼続の元には石田三成の使者が駆けこんできた。家康討伐の兵を挙げると書かれた書状を見て、兼続は、今こそ謙信から引き継いだ越後を取り戻す好機だと進言し、景勝を奮い立たせる。

 関ケ原合戦の頃、奥羽でも天下を揺るがす合戦が始まろうとしていた。奥羽の武将の視点で描く長編歴史小説。

(朝日新聞出版 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  6. 6

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  7. 7

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  8. 8

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    綾瀬はるかvs石原さとみ 夏ドラマ「ホリプロ」対決の行方

もっと見る