「龍の右目」吉川永青著

公開日: 更新日:

 伊達家三傑のひとりに数えられた伊達成実は、天下取りを狙う伊達政宗に仕えていた。天正17(1589)年、政宗は会津を下して陸奥の覇者となる。そんな折、秀吉から小田原攻めに参陣せよと下知があった。政宗は自分の野望が遅きに失したとほぞをかみ、やむなく小田原への参陣を決意する。成実は政宗の大望をかなえようと「戦え!」と主張する。だが政宗は戦乱の世が終わることを知り、苦悩の末に伊達の生き残りを選んだのだ。小田原行きの前に母を訪ねた政宗は、母が弟を寵愛するあまり自分に毒を盛ったことを知り、母を殺そうとする。成実は政宗をいさめようとするが……。

 葛藤を繰り返しながら政宗を支え続けた男を描く歴史小説。

(角川春樹事務所 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  3. 3

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  4. 4

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  5. 5

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  8. 8

    「Go To トラベル」は存続の危機?観光庁に聞いた30の質問

  9. 9

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  10. 10

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

もっと見る