「ぐるぐる♡博物館」三浦しをん著

公開日: 更新日:

 茅野市の「尖石縄文考古館」から大阪市天王寺区の「ボタンの博物館」まで全10館を巡った好奇心とユーモア満載のルポエッセー。

 たとえば、「熱海秘宝館」。そこは明るいエロスに満ちた殿堂で、展示された無数の男性器・女性器を見た著者は、「性的な事柄とは、隠そうとするから隠微なエロスを生じせしめるのである。秘宝館は、その対極と言っていい存在だ」と納得。

 その後、おみくじを引いたら、「ストレスが解消される小穴(小吉)じゃ」ときて、「幸運の場所は旅館・ホテル」。お勧めの体位は「こたつ隠れ」と書いてあり、「親切かつ具体的な託宣、ありがたし」と喜ぶ。

 目白押しの展示品に気力・体力が奪われ、見学後は休憩を取ったという。(実業之日本社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  2. 2

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  3. 3

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  4. 4

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  5. 5

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  6. 6

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  7. 7

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

  8. 8

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  9. 9

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  10. 10

    “泣き虫少女”の大坂なおみを変えた 恋人と敏腕マネの存在

もっと見る